病院や歯医者、介護施設など、お世話になっている人や、同業者の人が開業する場合は、開業祝いに花を贈る人も多いでしょう。開業当日は、たくさんの花が贈られてお店や、病院の前に飾られるので、喜ばれる種類を覚えておくと便利です。一般的には、飾り用として、鉢植えが多いです。胡蝶蘭や、水とピー、ガーベラも人気です。アレンジされたものは、ユリやバラが喜ばれます。色は、ピンクや、オレンジ、黄色など明るい色を選ぶと良いでしょう。飾ることで、歯科や、病院に来た人をおもてなしして、気持ちも明るくなれます。華やかな色で、元気が出るイメージを出すと良いでしょう。フラワーショップに直接行って注文しても良いし、インターネットから直接注文して配達することもできます。

置くスペースやイメージを大切に!

どんな花を選んで送ったらよいか迷う人もいるでしょう。開業祝いには、明るいイメージで、縁起の良いものを選んで送るようにしましょう。ユリや、胡蝶蘭、バラが多く選ばれていて、形もスタンド型にするか、かごを使ってアレンジブーケにするかなど、開業の内装のスペースによっても異なります。狭いスペースの場合は、大きすぎるものは場所に困るので、コンパクトに棚や受付におけるアレンジフラワーが喜ばれます。色は黄色や、ピンクなど明るい色を選びましょう。カスミソウを入れると、ボリュームがアップするので、イメージに合わせて入れてみると良いでしょう。可愛らしいイメージに、大人っぽいイメージをプラスすると、年齢問わず人気があるので、開業で訪問した人にも印象が良いです。バラは上品さも兼ねているので喜ばれるでしょう。

ブリザードフラワーも人気!長持ち!

年齢問わず喜んでもらえるように、開業祝いのイメージは大切にしましょう。病院や、お店のイメージがあるので、明るいイメージなら、ピンクや赤など華やかな雰囲気が喜ばれます。落ち着いた年齢層、落ち着いた雰囲気の場合は、ピンクと一緒に水色や青を入れても、良いでしょう。スタンド型なら外や、エントランスに置くこともできるので、スペースを考えて送るようにしましょう。飾るスペースがない場合は、かごに入れてアレンジメントフラワーにして送ったり、長く飾ってもらえるようにブリザードフラワーも良いでしょう。ブリザードフラワーは、半年から1年以上もつので、長く楽しむことができるので喜ばれます。イメージに合わせて作ってもらうことが大切です。クリニックなどは、匂いが気になることもあるので、ブリザードフラワーも喜ばれます。