友達や、お世話になった人が開業して、フラワーギフトを贈ることを考えている人も多いでしょう。贈る時に注意したいことは、臭いについて気をつけるということです。患者や病人がいる場合は、臭いで具合が悪くなる方がおられる場合もあるので、香りの強いものは避けるようにしましょう。お店の場合でも、飲食店だと料理と臭いが混ざったり、お客さんに不快感を与える場合もあるので、香りの強いものは避けましょう。開業のお祝いで贈るときに注意したいことは、サイズ感や、ボリュームです。店や、病院の大きさに合わせたものを贈るのが大切なので、事前に下見できる時はチェックしておいて、バランスの良い物を選ぶようにしましょう。タイミングも大切です。忙しい開店時に届くと手間をかけるので、事前に時間等をチェックしておくのも重要です。

種類やサイズは事前に決めておく

お祝いを贈る時は、何時にオープンして、いつ開業するのかを把握しておくことが大切です。忙しい時に花が届いても、飾る時間がなかったり、お客さんや患者さんがいる時に配達に来ると、手配する人も困ってしまうでしょう。工事の関係で、開店や開業は、ぎりぎりになって日にちが変更になることもあるので、前日までによく確認して贈ることが大切です。開業の前日までに届けるようにするのが理想です。お店や病院の広さ、エントランスやロビーなど、事前にスペースを確認しておくと良いでしょう。どの程度の大きさが置けるのか、スタンドタイプがよいのか、アレンジメントフラワーがよいかなど、大きさによって決めるようにしましょう。スペースが少ないのに、大きすぎるものは置く場所がなくなるので注意しましょう。

管理しやすいもので喜ばれるものを

開業祝いの時は、落ち着くまで時間もかかり、しばらくは忙しい日々が続きます。業者の人の挨拶や、お世話になっている人が挨拶に来たりすると、開業祝いでもらった花の手入れも大変になります。スタッフが多い場合は手をかける時間もありますが、少ない場合は、花の管理が大変になることもあるでしょう。贈るときは、手入れがしやすいもの、水が少なくても丈夫なものを選ぶようにしましょう。病院などは、患者さんの出入りも多いので、鉢植えのものは衛生上好まれない傾向にあるので、鉢植えは避けて、スタンド式のものか、アレンジメントフラワーで、かごに入っているタイプが喜ばれます。長く飾ってもらうために、新鮮なもので、管理がしやすいものを選びましょう。開業祝いには、扱いやすい長持ちするタイプが喜ばれます。