開業のお祝いで定番とも言えるのがフラワーギフトです。現金を贈ったり、新しいオフィスで必要なアイテムを選んで贈るということもありますが、フラワーギフトは誰にでも喜んでもらえるギフトであり間違いがありません。しかし、フラワーギフトと言っても豊富な種類があり、その場所に合った大きさやアレンジ方法、贈る時期、自分と相手との関係に合った予算での準備などのマナーも必要になってきます。開業祝いでは、気持ちを込めて贈ることが重要とともに、その気持ちが相手に失礼にならないように十分注意しなければならないこともあります。サプライズで贈ってびっくりさせて喜ばせたいという気持ちもありますが、事前にオーナーと確認をしてこのようなものを贈りたいということを伝えておけばトラブルになる可能性もありません。

いつ届けたらいいのかを相手に確認しておこう

開業祝いでは、開業日に間に合うように準備を進めておく必要があります。フラワーショップでは、当日申し込みでもその日のうちに配達をしてもらえることもありますが、繁忙期になればすでに予約でいっぱいのために即日対応してもらえない可能性もあります。また、卒業式や母の日などのイベント日と重なってしまえば、数日の余裕があるとしても早い段階で予約が埋まってしまうこともあります。そのために、早めの予約を入れるということは重要になってきます。贈る日にちは、開業をする前日がベストです。花は生き物でもあるので、あまり早すぎるようであれば枯れてしまう可能性もあります。当日となれば、まだ慣れないオフィスでの仕事に忙しくしている時でもあるので前の日がいいのですが、オフィスに誰かいるかどうかの事前チェックをしておく必要があります。

オフィスの雰囲気や置き場所を確認しておこう

開業祝いを届けたい日にちを事前にオーナーに伝えておくとともに、このようなものを贈りたいということも伝えておく必要があります。店舗になれば、入り口の外に置くスタンド花は通りかかったお客さんへのアピールに大きくつなげることができますが、そもそも入り口付近は狭くて置く場所がないという店舗もあるものです。また、置く場所があったとしても多くの人からスタンド花が届いてしまえば、全部が置ききれなくなってしまうというトラブルも発生します。大きなものであればなおさら事前確認が必要であり、もしも置けないようであればアレンジメントにするといいでしょう。スタンドではなくカゴにいけてもらう形になるので、そのまま棚の上に置いてもらったり床に直接置くにしても違和感がありません。